自衛隊式の『心の災害準備』をお伝えします

スッキリオアシスのセミナー

こんな疑問が沸いてきませんか?

災害の備えをしていると

3258990_s.jpg
22917762_s.jpg
22457411_s.jpg
 
22009140_s.jpg
4470205_s.jpg
4470205_s.jpg
22457411_s_edited.jpg
22881362_s.jpg
22740254_s.jpg

「この準備で、本当に 

 災害を乗り越えられる…?」

22363334_s.jpg

「一体、どんな場面に 

 遭遇するんだろう…?」

「どの程度やればいいか、

 加減がわからない…」

日本は災害の多い国です。

特に甚大な被害を及ぼす地震では、首都直下地震や南海トラフ地震の危険が取り沙汰されています。

さらに近年は地震だけにとどまらず、大雨による水害や土砂災害が毎年のように起き、大きな被害が出ています。

このような災害に備えて、非常食の備蓄や、事業継続計画(BCP)の策定など、様々な準備が推奨されています。

​ただこれらの準備に対して本当に現実感を感じることができますか?

実は、現実感を感じにくいのは当然です。

 

それは、災害に直面した経験が、ほとんどないからです。

色々な情報がありますので、準備の必要性は、頭では理解できます。

しかし、未経験のことに対してどれだけ準備をしようと思っても、具体的なイメージが難しいため、現実感を持った準備をするのは、どうしても難しくなります。

ただ現実感の欠如は、実際の場面で、身体と心に大きなストレスを生み、復興への足かせとなります。

その疑問の原因は

「心の準備」がないからです

物心両面の準備」という言葉をご存じですか?

これは災害が発生した際に直ちに駆けつける、陸上自衛隊の服務規則で定められている言葉です

​任務にあたる際に、物の準備だけでは不十分、心の準備をしてこそ万全の状態である、という意味です。

実は心の準備をしておくと、身心への負担は大きく軽減できます。

そして自衛官は、心の準備の有無が任務の成否に大きく影響することを、身をもって経験しています。

​そんな経験があるからこそ、心の準備も徹底して、災害に対応しています。

その準備とは、主に次の様な状況に対するものです。

●平時と異なる状況のため、普段の業務も想像以上に労力がかかり、身心への疲労が極端に蓄積する

●医療従事者でなくても、命の現場に立ち会うことがあり、予想外の強烈なショックを受ける

●被災という現実を前に、先行きの見えない不安に襲われ、精神的に大きな負担となる

このような身体と心に、普段と異なるストレスがかかるときには、それに応じた対処が必要になります。

しかし、このような現実に対して準備をすることは、災害の経験がない限り、非常に困難です。

ご安心ください

その準備、お手伝いします

22090410_s.jpg

幾多もの災害に立ち向かってきた陸上自衛隊には、心の準備をするための方法があります。

スッキリオアシスの講師は、元陸上自衛官。

 

その方法を、セミナーで提供しています。

どんなに困難な任務も乗り越えてきた、自衛隊式のメソッドで、心の災害準備をお手伝いします。

肝心かなめの『心の準備』で、

物心両面の準備を整えましょう

〈 セミナーの内容 〉

1 ストレッチと呼吸法

 (身体のケア)

2 実際に遭遇する場面のご紹介

 (心の準備)

3 災害時のコミュニケーション

 (心のケア)

618667_s_edited.jpg

災害時のストレス「惨事ストレス」をご存じですか?

惨事ストレスとはCritical Incident Stress(非常事態ストレス)の意訳で、「悲惨な事態を見た、聞いた、味わったときのストレス」のことを言います。東日本大震災以降、この言葉が広く用いられています。

惨事ストレスには、次の特徴があります。

持続的で区切りがなく、疲れが溜まり続ける。

悲惨な状況を見ることで、否定的な感情が沸きやすい。

先き行きが見えず、不安になりやすい。

この惨事ストレスに適切な対処をしなかった場合、疲れや不安が溜まっていき、コミュニケーションが円滑に進まなくなります。

ストレス対処やコミュニケーション要領などのメンタルヘルスは、普段の生活では後回しになりがちなものです。

しかし緊急事態においては、これが真逆になります。

惨事ストレスに対処し、円滑なコミュニケーションで、心のつながりを持つことが、災害の復旧を促進します。

そこでセミナーでは、惨事ストレス対処のための身心のケアと、コミュニケーションを円滑に進める方法を学びます。

具体的な内容は次の通りです。

1 ストレッチと呼吸法(身体のケア)

2 実際に遭遇する場面のご紹介(心の準備)

3 災害時のコミュニケーション(心のケア)

この方法は東日本大震災の時にも「絆ミーティング(解除ミーティング)」という名前で実際に行われています。

その効果は、隊員の活動を思い返してくだされば、実証済みとご納得いただけると思います。

セミナーでは、実際に陸上自衛隊で行われている方法を、民間向けにアレンジしたものをお届けします。

自衛隊式の心の準備で、現実に即した災害準備をお手伝いします。

セミナーのの特長

 
みどりまる.png

講師は心理の専門家

公認心理師」なので安心です

扱うのが難しい、と感じる心の問題。そんな問題に対応するのが、心理の国家資格である公認心理師です。

​講師はこの資格と、産業カウンセラーの資格も有する心理の専門家です。

災害時のコミュニケーションについて、わかりやすく丁寧に解説していきます。安心してお任せください。

​1

みどりまる.png

実体験をもとに

災害の現実をお伝えします

自衛官として東日本大震災、御嶽山噴火、九都市合同防災訓練等、数々の災害派遣や訓練に従事しました

現場で被災地の救援することもあれば、指揮所で災害を俯瞰することもあり、様々な状況を経験しています。

 

そんな豊富な経験を元に、遭遇する現実をお伝えします

元陸上自衛隊の

専属カウンセラーが指南します

講師は年200件以上のカウンセリングに対応する、部隊専属のカウンセラーとして、約5年間勤務していました

さらに、関東甲信越すべての駐屯地を巡回し、部隊に対して教育を行っていた、ストレス対処教育のプロです。

 

どんなに困難な任務でも乗り越える、自衛隊式のメソッドを直伝します

みどりまる.png

セミナーまでの流れ

 

カウンセリング

セミナーの調整及び契約書を交わします。災害対策でお困り事があれば、この際にご相談ください。

内容の作成

カウンセリングをもとに、貴社に合わせた、オーダーメイドの内容を作成いたします。

セミナー実施

ご指定の場所で、セミナーを行います。リモートをご希望の場合は、ご相談ください。

〈 セミナー実施に関するQ&A 〉

 Q 

 

セミナーの会場準備について伺いたいのですが・・・

場所は御社にて準備していただきます

​PCのモニターが見られるようなスペースであれば

​どのような場所でも大丈夫です

 A 

セミナーでは座学と実習がありますが、座学の際にスライドで説明します。

プロジェクターでスライドを見ていただくのが便利かと思いますが、少人数の際はPCの画面を見ながらでも対応できます。

御社の会議室や事務室等、参加者全員がスライドを確認できるスペースをご指定下さい。

もちろん、公共のセミナースペースでも対応いたします。

 Q 

セミナーをオンラインで依頼できますか?

 A 

基本は対面でのセミナーになります

心の災害対策をする上で、実習は不可欠です。

 

大変恐れ入りますが、基本的には対面で、実習を伴う形でお願いしています。

どうしてもオンラインで、という場合には「知識の教授」という形になります。

ただ、知識の教授だけでは、実効性は乏しくなりますので、ご了承ください。

またその際は、時間及び料金は変更になりますので、お気軽にお問い合わせください。

 Q 

社員全員で受けたいと思っていますが、可能ですか?

 A 

問題ありませんが、

​階層別や部署別でお受けいただくことを

おススメしています。

もちろん、御社の社員全員でお受けいただくことも可能です。

ただ、おかれている立場や役目によって、コミュニケーションは変化します。

3名様から対応しておりますので、可能であれば、階層別もしくは部署別でご依頼いただくことを、おススメしています。

 Q 

自衛隊式のメソッドとは、スパルタ教育ですか?

 A 

ご安心ください(笑)

スパルタ的な要素は一切ありません

身体と心のケアを学ぶ本セミナーに、スパルタ教育のような厳しさは、一切必要ありません。

自衛隊式のメソッドとは、「過酷な場面」や「悲惨な状況」など、悪条件下でも実践できるメソッドになります。

スッキリオアシスの社会的使命は「健やかで心地よい時間をお届けすること」です。

日々の疲れをほぐしながら、仲間との絆を深めて、そしてためになるセミナーを提供しています。

​料 金

​【現在特別価格で提供中】

 

セミナー1回分(3時間)の料金

人 数

金 額

3~8人

~16人

​~40人

税込 ¥13,200/人

税込 ¥12,000/人

税込 ¥11,000/人

※1 金額には初回カウンセリング料金が含まれます。(交通費は別途請求致します。)

※2 40人以上の場合は別途ご相談ください。

※3 別途カウンセリングが必要な場合には税込11,000円/時間で対応いたします。

​※4 その他打ち合わせ等は逐次対応いたします。

その他不明事項はお気軽にお問い合わせください。

​お問合わせ

 

お電話を取れなかった際は、大変恐縮ではございますが、伝言メッセージをお願い致します。

その他のセミナー

 

チームワークを深めたい

154358_s.jpg

組織で仕事をする上で必ず必要になるのが、各人の絆である「チームワーク

テレワークの推進によりリアルで会う機会が減ると、どうしてもチームワークを養う機会が減ってしまいます。

そんなチームワークを、自衛隊式のメソッドで深めませんか?「働きがい向上」「業務の円滑化」を図りたい職場におススメのセミナーです。

新任者のストレスケアをしたい

新任者1.jpg

前職では年間200件以上のカウンセリングを行い、特に新任者に対しては定期的かつ継続的に行っていました。

新任者は新しい職場や生活環境の変化で、ライフイベントストレスが高い状態であることが多くあります。

そんな新任者のストレスをケアして、心地よいビジネスライフを手助けしたい、という職場におススメのセミナーです。